前回は企業のキャンペーン・
プロモーションから

「話題性」VS「文化」

の切り口で、

まずは

「話題性」を

お届けしました。

 

 

 

今回は「文化」、の前に

そもそも、なぜこのテーマを
扱い始めたか?というと、

私のお気に入りのおやつ
「ロッテ チョコパイ」
小包装の裏側に載っていた

「ほっこりエピソード」

かきっかけです。

 

「チョコパイを食べてほっこりした」

という愛用者のエピソードが、
1包みごとに入っているのですね!

IMG_4239.jpg

 

これは、

「お客様の声」
「チョコパイ ファンの声」

商品に入っているということ。

 

メーカーとお客様との、
双方向性の
コミュニケーションである、と
感じたのですね。

 

 

前回ご紹介した
BOSS「スターアライアンスコレクション」
キャンペーン

話題性、拡散目的でしたが、
(今ならもっとSNSを活用した
キャンペーンにするでしょうね)

チョコパイの場合はお客様に
参加してもらう形式で、
メーカーとお客様との
コミュニケーションがそこにはあります。

 

ただチョコパイが好きで
買っていた人も、

採用されて、

自分のエピソードが
パッケージに
入っているのを見たら、

ますます
メーカーとの心理的な
距離が縮まって、

ずっと買ってしまいますよね!

 

 

そんな、お客様に
「参加してもらう」
キャンペーン・プロモーションが

もう少し進んだのが、

「文化」なのです。

 

 

次回詳しくお届けしますね!