自分自身を突き動かせる、

動けるダンドリに重要な2つ

 

1.深さ

2.細かさ

のうち、

今回は

 

2.細かさ

をお届けします。

 

 

 

2.細かさ

具体的で、迷わず動けるくらいに
落とし込まれている、ということです。

 

 

たとえば、

「毎日Facebookの投稿をする」
「ブログを書く」

のようなタスクを掲げたとして、

それで動ける人はいいですが、

「投稿する内容がない」
「何を書こうか毎日困る」
「何でもいいから更新するので精一杯になってしまう」

  ↓

 苦痛
 時間がかかって面倒になってしまう。
 何のためにやっているか、わからなくなってくる

  ↓
 
 続かない

ということにもなりがちです。

 

ですが、次のようなことを
具体的に決めてあったら

どうでしょうか?

 

〇どんな内容で1日に何投稿するか?

〇何時に投稿するか?

〇どんな自分を魅せるか?

〇どこへ行き、誰と会い、何を観るか?
(どこへ行かないか、誰に会わないか、も
必然的に決まってくる)

〇専門家としてアウトプットするために
日々何を研究するか?

 

毎回毎回、1から
考えなくてもいいので、

あとは、自分自身が決めたことを
淡々とやるだけ!

 

考えて動く

”考動”

とてもシンプルになります!

 

 

その際、ベースに

1.深さ

自分の深い部分、
本当にやりたいこと、
必ず実現したいこと と
つながっている。

があれば、

自分を突き動かせるのです。

 

 

ここ2回でご紹介した

自分自身を突き動かせる、
動けるダンドリに重要な2つ

1.深さ

2.細かさ

で、
このテーマの最初にお伝えした

————-

うまくいっている人、
何かを成し遂げている人に
共通しているのは

圧倒的な行動量と、
意志の強さだと思います。

————-

を満たせます。

 

ぜひ、この12月、
そして来年以降の
ダンドリを立てる際の
参考にしてみてくださいね!