ホームページは「名刺がわり」
作って終わり、ではありません。

いったん作ったホームページを
見直し改善するには?という
テーマでお届けします!

 

 

前回は

「ホームページから

お客様にして欲しい
アクションをまず明確にし、

それに沿った
フォームやボタンを作りましょう」

という内容を
お届けしました。

 

いったん作ったホームページを
見直し改善する際も、

まずは現状を知ること、
明確にすることからです。

 

何が問題になっているか?
どこを見直し改善すればいいか?

現状を客観的に見てみましょう。

そのために
アクセス解析が必須なのですね。

#グーグルアナリティクスを
使うのがおすすめです

 

アクセス解析を見ると、
たとえば

アクセスが少ないのか?

アクセスはあるけれど、
コンバージョン率(訪問者数のうち成果に結びついた割合)が低いのか

がわかります。

 

アクセスが少なければ、
まずはアクセスを
呼ぶための策が必要ですし、

アクセスがあるのに
成果に結びついていない、

お客様からの
アクションがない場合は

登録ページ(ランディングページ)の見直し、
動線の見直し

必要になってきます。

 

 

そして直す際は、

何を変えたら効果があったか?
結果が変わったか?

わかるように、

一度にあれもこれも
変えるのではなく、

1つずつ変えていきましょう。

 

アクセス解析では

どの「キーワード」から
訪問があったか?
コンバージョンにつながったか?も

チェックしてみてくださいね。

 

訪問数は少ないけれど、
コンバージョン率が高い
キーワードが見つかったら、

それを次の対策に活かすことも出来ます。

 

たとえば私の取引先では

ある
「単価が高く、技術が必要」な
キーワードが、

コンバージョンが高かったので、

そのキーワードをからめた
ブログ記事を
増やしていただいたところ、

さらに検索からの依頼が増え、
遠方からもお客様が
やって来るようになりました。

 

今日お伝えした内容は、

エンパシープロモーションの

『比較されても選ばれる
 共感型ホームページ7つの法則』

では、

=============

6)動線
お客様がわかりやすく申込みに
辿り着ける出口はありますか?

=============

と関連しています。

 

興味を持ってページを
クリックしてくれたお客様が

迷わず、違和感を持つことなく

スムーズに
出口(購入・登録・申込み)に
辿り着けるように、

見直し改善していってくださいね。

 

あなたのホームページを
「指名買いされる」状態に
見直し改善したければ、

ホームページ診断にいらしてください!

 

————————————-

期間限定<無料>

あなたのホームページは
指名買いされる状態になっていますか?

共感され、指名買いされる」を実現する
ホームページ診断 

共感されて選ばれる
ホームページ・SNS活用の具体策を持ち帰れます。

エンパシープロモーション
120分個別相談

————————————–

◆詳細・お申し込みはこちらから◆

 

11月個別相談.jpg