前回

自分のビジネスを表す
〈伝わる言葉〉を作って

使われている方の
実例をご紹介しました。

 

一度決めた言葉を
ずっと使われている例でしたが、

今回は言葉を進化させている方の
例をご紹介しますね!

 

1年ほど前に
毎月開催していた

----------
自分のビジネスを表す
〈言葉〉を作るワークショップ
----------

に参加くださった
平田広幸さん(一般社団法人ハウジングコーチ協会 代表理事)です。

 

普段から、
自分の事業を伝えるための
〈言葉〉について考えておられ、

当日はワークショップの時間内に
次のような〈言葉〉を作られました。

----------
「一生に一度の家づくり」
お客様の感動を引き出す
コミュニケーション技術で

あなたを差別化し受注力をUpする
ハウジングコーチ協会の平田です。
----------

 

その後、実際に使いながら
どんどん進化させ、

最近のFacebookでは
次のように使っていらっしゃいます。

----------
ヒアリングシートでは分からない
「住む人が本当に叶えたい価値観」
を引き出し、成約率を2倍にします。
----------

 

数字も入って
より具体的な言葉になっています。

 

このように

実際の現場で使いながら、
言葉を育て、

言葉によってビジネスを
成長させていくのもおすすめです。

 

 

平田さんはワークショップ後、
個別コンサルティングも受けられ、

次のような感想をいただきました。

〈伝わる言葉〉がどういうものか
書かれていますので、

参考にしてみてくださいね!

---------------

自分のやっている事業のこと、
人に上手く伝わる言葉
いつも考えています。

よく使う言葉があるのですが、

自分で思う伝わる言葉」と
伝えたい人に伝わる言葉」

って実は違うものです。

勿論「伝えたい人に伝わる言葉」
話す方が、チカラがあります。

「自分で思う言葉」って
説明的になってしまいがち。

説明ではココロには響かない。

てな訳で、
「伝えたい人に伝わる言葉」を探そうと思い、
後藤 洋子さんのエンパシープロモーション
個別セッションを受けてきました。

とても充実した時間で2時間があっという間。

一番の気づきは、
言葉を探すプロセスで明確になった
「一番伝えるべき顧客像」

 

「これから起業する人」
「既に起業した人」
どんな人でも、また、どんな職種であっても、
自分の仕事を伝える言葉は大切。

お勧めしたいセッションです!

---------------

 

言葉で伝える大切さ
実感いただけたでしょうか。

平田さんのビジネスは「協会」で、
専門家の育成と、
一般ユーザーの啓蒙が必要です。

つまり専門家・一般ユーザー
両方がお客様なのですが、

その時に力を入れるといいのは、
このお客様なのでは?

という提案を
させていただきました。

 

それが ↓ にも反映されています。

----------
ヒアリングシートでは分からない
「住む人が本当に叶えたい価値観」
を引き出し、成約率を2倍にします。
----------

 

理想のお客様を明確にして
伝わる言葉〉を作ってみませんか。


120分の個別セッションでお待ちしていますね!

 

毎月限定枠:個別コンサルティング

 

自分の周波数を整えて
理想のお客様だけ引き寄せる!

共感プロモーション戦略
エンパシープロモーション
〜120分個別相談~
詳細・お申込みはコチラから

「がんばっているのにうまくいかない」
「空回りしている」起業家さんへ。

「スキル」だけでなく
「マインド」を整えることで、
本当にやりたいことで、
理想のお客様だけ引き寄せられる

あなただけの具体策を
120分でお渡しする個別相談です。

 

無料メール講座で学ぼう!

 

あなたが好きなお客様から
「共感で選ばれる」アタリマエを実現するための、

成果につながるヒントが手に入るメルマガです。

現在、メルマガ登録いただいた方全員に、

『値引き・あいみつとはサヨウナラ!
理想のお客様から「共感」で選ばれる仕事を実現する
ビジネス深掘りワーク2017』

をプレゼント中です!