新しい商品やサービスが
どんどん増え、
たくさんの情報が
簡単に手に入る今の時代、

想いがあり
世界観があるものに
人は共感し、

それがある会社や
サービスが残っています。

  

 

以前は
「大手4社と言われていた」
「◯◯社が業界トップだった」
という

業界の勢力図
大きく変わっている、

ということがありますよね。

 

どこを目指すのか?

どの技術分野に力を入れるのか?

という根本が
各社違ったから
結果も違っているわけですが、

何のためにやるか?という、
想いや世界観がある企業が

これからは
生き残っていくのだと思います。

 

 

例えば1980年代に
フィルム事業で1位だったKodakと、
大差で2位だったFUJIFILMが、
今、どうなっているか?というと、

Kodak
フィルムを強みにし、
「フィルムの販売」にこだわり、
デジタル技術が進んでも
写真の印刷にこだわったのに対し、

FUJIFILMは、
既存の技術を再利用して
新しいジャンルで
新しい技術を開発した結果、

前者は破綻し、

後者は液晶保護の特殊フィルム、
化粧品、医薬品など、
別の業界にも進出し、
成功を収めています。

 

 

KodakFUJIFILMでは、
考える順序が逆でした。

 

Kodak

What
 ↓
How
 ↓
Why

という順で

 

What 何を?

「すごくよいフィルム」
(というプロダクト)を

How どうやって?

「店舗やネットショップ」で

Why なぜ、何のために?

「企業の拡大のため」に

 

という考え方だったのに対し、

 

FUJIFILMは、

Why
 ↓
How
 ↓
What

という順で

 

Why なぜ、何のために?

「世界を一つずつ変えていく」

How どうやって?

「熱い想いと技術」で

What 何を?

「写真、カメラ、サプリ、化粧品など」を

 

という考え方だったのです。

 

 

Whyを大切にしている企業としては
アップルが有名ですが、

何を?というWhatを前提に
製品やサービスを考えると

それ自体をどうするか?という枠で
考えるのに対し、

 

Whyを前提に考えると

大切にしている
想いや世界観を軸に

もっと大きな枠で考えるので

選択肢が増え、
自由な発想で考えることが出来ます。

共感してくれるお客様が出来、
応援されるようにもなります。

 

 

私たち起業家・小規模事業者も

想いを語り、
世界観を持っている人が選ばれ、
応援され、生き残って行くでしょう。

 

 

あなたの

想いや世界観は
明確になっていますか?

なぜ、何のために
そのビジネスをしていますか?

 

私と一緒に
明確にしてみませんか。

4月のご相談はこらからどうぞ!

 

 

価格を下げずに価値を上げて選ばれる
『他にない、あなたの価値を見つける』
エンパシープロモーション個別相談

◆詳細・お申し込みはこちらから◆