“逆算手帳”という手帳が
流行っているのをご存知ですか?

 

 
「こうありたい」を実現するために、

ビジョンから逆算して計画を
立てることに特化した手帳だそうです。

 170915.jpg

(見せていただいたリーフレット。これじゃわからないですね^^;)

 

 

私が日々行っている
仕事のやり方も

ビジョン・ゴールからの逆算す。

 

年に1度、大きく
「これからの1年」を
デザインすると共に、

毎月、具体的な
段取り戦略を考えています。

 

自分がシンプルに
「動くだけ」というところまで
落とし込むのです!

 

 

たとえば
「11月15日に新しい企画をリリースする」と決めたら、

・企画そのものの準備

・プロモーション準備

に分けて実現の方法を考える。

それをスケジュールに落とし込んだり、
日々の行動の数値目標を立てる。

 

ということをします。

#行動の数値目標とは、
例えば私の場合、今ならある実験兼ねて
Facebookに1日50コメント、など
その時々の行動目標を決めています

 

 

このように、実現に向けて
逆算するというのをしていますが、

 

少し違う視点では、
私がお勧めしている

 

自分のビジネスを表す
〈伝わる言葉〉
を作る時も、

 

お客様にどうなって欲しいか、
何をお約束出来るか、からの逆算です。

 

「自分は〇〇が出来ます」ではなく、

「自分の商品サービスで
 お客様がどうなれるか」です。

 

お客様は、
あなたに何ができるか?ではなく、

自分は何を得られるか?
解決できるか?

まずは興味があるからです。

 

お客様の自分ごとになって初めて

あなたの言葉は
〈伝わる言葉〉になります。

 

 

お客様に
〈伝わる言葉〉を持つためにも

「あなたの商品やサービスで
お客様がどうなれるか」

一緒に考えてみませんか?