前回の続き、の前に、

コミュニケーション、について
最近気になったことがあったので

取り上げてみますね。

 

昨日は研修に参加していたのですが、
帰りがけに
名刺を渡してきた方

いらっしゃいました。

 

何も会話もしないまま、
私の名前や仕事を聞くわけでもなく、

ただ一方的に自分の名刺を渡して
去っていかれたのですね。

 

よほど印象的な名刺か、

「私、これ知りたかったんです!」
「このジャンルで困ってる知人がいます」

というならともかく、

同業他社がたくさんいるような
お仕事でしたし、

顔も覚えていない、

人に対しそのような
コミュニケーションを取る人

連絡してみよう、
つながっておこう、
人を紹介しよう、

と思えるでしょうか。

 

 

私は思わないタイプです。

 

 

同じように
最近もいくつかあったのですが、

Facebookでつながっただけの状態の時に
メッセンジャーで
一方的に宣伝をして来たり、

すでに友達であっても、
ただコピペで自分のイベントの
案内だけを張り付けてくる
(いきなり案内文から始まる)

というのも、

コミュニケーション的に
ちょっと
乱暴だなぁと私は感じます。

 

 

名刺交換であれば、

少しは会話をして
相手のことを知ろうとする
努力をしましょうよ、

と思いますし、

 

メッセンジャーでも、
せめて

「〇〇さん、久しぶりです。
お元気ですか。

いつもFacebook拝見させていただいています」

のような、

相手とコミュニケーションを取る
投げかけを、まずしましょうよ。

 

そのほんの少しで
相手の心が開く可能性があります。

 

自分が受ける側の立場だと
当たり前のことのようですが、

逆の立場になると

見えなくなってしまうこともあるので、
気をつけたいですね。

 

「自分がされて嬉しいか?」
「自分なら心が動くか?」

という視点を
忘れないように!

まずは自分から与えること。

 

マーケティングだ、
伝わる言葉だと言う前に、

人と人で一番大切なのは、

相手を想う気持ち、
自分から心を開くこと、

すなわち
コミュニケーション
だと思います。

 

自分から人に対して
どのようなコミュニケーションを取るか、

いま一度見直してみませんか^^