今回は、

「ある世界ではファンも多く、人望がある」
「別の世界では共感を得にくく、敵も多い」

そんな友人経営者の例から
お届けしますね!

 

その経営者さんは

「好きなことしかしない」
絞り込んだ事業展開で

20数年会社を経営。

 

ファンが多く
お客様からの信頼も厚いという、

エンパシープロモーションの
お手本にしたいような人です。

 

 

ですが、別の世界では

自分の話が中々通じず、伝わらない。

共感を得にくく、ファンというより
むしろ敵や反感を買うことが多い。

そんな状況だったのです。
(嫉妬もあったようです)

 

通じない世界で友人がずっと

もがいている姿、
戦っている姿を見ていて

ふと思いました。

 

「もう、いいんじゃない?」

「そこは**さんが輝ける
 ステージじゃないんじゃない?」

 

 

これまでと別の世界に
出ていくことで、

新たな可能性が広がります。

 

通じなかった人に
通じるようになることは、

自分のキャパを
広げることにもなりますし、

許容できなかった
モノ・コト・ヒトを

受け入れられるようになると
人間的に成長もします。

 

ですが、

そこに今、

自分の時間とエネルギーを
使うことが果たして有効なのか?

向かいたい方向に向かうために
有意義な選択なのか?

自分自身や持っている資源を
もっと有効に使える、成長出来る
ステージがあるのではないか?

伸ばしたほうがいいこと、
変えたほうがいいことは、

別の機会を待ったり
見つけたほうが

もっとスムーズにいくのではないか?

 

そう考えて、

「今はやらないと決める」
「手放してみる」のも

選択肢の1つだと思いました。

 

エネルギーロスをなくして、

自分が成長出来るステージで
チャレンジを続けた方が

もっと多くの方の
お役に立つことが出来るでしょう。

 

いったん横に置いておき、

別のことに集中している間に
解決している、ということもあります。

 

 

あなたは、

「今、やらなくていいこと」

余分な時間とエネルギーを
使っていませんか?

 

ドキっとしたら

「今、やらなくていいこと」
「後からでもいいこと」

を決めてしまいましょう!

 

私のコンサルでは

「やらなくていいこと」

ずばっとお伝えしています。

 

「自分で明確に出来ない、
 決められない」

「無駄が多い気がする」

という方は、

相談にいらしてくださいね!