今日は事例
紐解いてみたいと思います!

「俺のベーカリー」の
”1000円食パン”です!

(ちなみに私は買ってみました^^
リピートもしちゃいそうです☆)

 

 

「俺のベーカリー」は、

「日本一の食パンを作る」
コンセプトに、

上質な素材職人の手を使って、

製パンメーカーのラインに
乗せられない製法のパンを
たくさん作る

というビジネスモデルです。

 

この「たくさん」というのが、
「俺の・・」シリーズらしいですが、

看板メニューの
「俺の生食パン」が1000円、

焼いて食べるのにお勧めの
「山型パン」が900円と、

パンとしては高額です。

 

 
お客様への約束は
「美味しい食パン」

それを「たくさん」
こなれた価格で提供するには?
 

 

足し算・引き算を
思い切ってすることです!

 

たとえば、
「俺のベーカリー」が
通常のパン屋さんと比べて

引き算した(絞った)のは、

・パンの種類(=原材料の種類)

・数(限定数)

 

足し算した(増やした)のは、

・パンを一度にたくさん作れる設備

・パン作りにたけた職人

・良質な材料

・パンの大きさ(2斤サイズ)

があげられるでしょう。

 

 

種類を絞ることで、原材料に無駄がなく、
大量発注できると仕入コストも下がります。

限定数にすることで、
行列が出来、それが話題となって
次のプロモーションにつながります。

パン作りにたけた職人さんが関わることで、
パンのレベルが上がります。

2斤サイズにすることで、
単価があがります。

 

また、カフェも併設しているので、
そこで食パンを使ったメニューを提供出来、

「帰りに買って帰る」
という流れを作ることが出来ます。

 
この、
足し算・引き算のバランスが
新しい価値を生む
のですね。

 

そして、肝心のですが、
私の感想は、

まず生で食べた時は
香りがよく、もちもちして
噛みごたえがよかったです。

そしてトーストしてみると、
カリッ!サクッ!としながらジューシー。
特に耳が美味しかったです。

パンって、私は普段から好きで
毎朝食べてますが、

食後に残る後味、みたいなものがありませんか?

 

それがなく

「ストレスのないパン」

だと思いました。

また

「自己肯定感が上がるパン」

でもありました。

 

「価格に見合った価値あり!」
またリピートしたくなりましたよ。

 

 
今日取り上げた
「思い切った足し算・引き算」は、

資源が限られている
小さな会社・個人事業にこそ

おすすめです!
 
 

他にない新しい価値を
作ることが出来たら、

値引き・あいみつされずに
選ばれるようになるからです。

 

 

何を思い切ってやめるか?

思い切って増やすか?

考えてみませんか。

毎月限定枠:個別コンサルティング

 

自分の周波数を整えて
理想のお客様だけ引き寄せる!

共感プロモーション戦略
エンパシープロモーション
〜120分個別相談~
詳細・お申込みはコチラから

「がんばっているのにうまくいかない」
「空回りしている」起業家さんへ。

「スキル」だけでなく
「マインド」を整えることで、
本当にやりたいことで、
理想のお客様だけ引き寄せられる

あなただけの具体策を
120分でお渡しする個別相談です。

 

無料メール講座で学ぼう!

 

あなたが好きなお客様から
「共感で選ばれる」アタリマエを実現するための、

成果につながるヒントが手に入るメルマガです。

現在、メルマガ登録いただいた方全員に、

『値引き・あいみつとはサヨウナラ!
理想のお客様から「共感」で選ばれる仕事を実現する
ビジネス深掘りワーク2017』

をプレゼント中です!