先日参加した勉強会で

「遠くを見ることで
近くが安定する」

というお話がありました。

 

 

 

私たちが生きている今は
2018年ですが、

100年前、200年前・・という
先祖からの流れがあり、

また子孫へと続いている、

そんな中に
、2018年が存在します。

 

 

そんな大きな視点・視座で
自分の仕事を捉えてみる、

ということです。

 

 

日々ゴハンを
食べるための仕事も大事。

ですがそれだけでは

今月うまくいった、
いかなかった、という

目先の結果に一喜一憂する
ことになりかねません。

 

 

大きな視点・視座で
俯瞰することが出来たら、

今、目先のことが
上手くいかなくても

それを思い悩んだり、
執着するのではなく、

大胆な決断が出来たり、

感情的に振り回されることも
少なくなりそうです。

 

 

「遠くを見ることで
近くが安定する」

のですね!

 

 

それには

何のために仕事を
しているか?

という

WHY
ぶれない軸

を持つことです。

 

 

私がここ2年ほど
毎年作っている

『マイプロデュースデザイン』
 ↓(全51Pの中の一部)

171202.jpg

 

には、

まさに、そんな
自分のWHYであったり、

自分を自燃させるための言葉、

3年後から逆算して
毎年何をやっていくか?

日々迷わず動くためにやること

などが描かれています。

 

 

見返すと

自分の想いの確認が出来、

ビジネスや人生の
「遠く」
を見ることが出来、

今すべきことや
先のために準備することが

明確になります。

 

 

ぜひ

大きな視点・視座
人生やビジネスを捉え、

WHYを明確にして
紙に書き

見返すように
してみてくださいね!