前回は、

自分という存在がいることを
「知って、認められる」

「認知」

が大切だとお伝えしました!

Facebookやブログなどの
メディアで

「露出」していくことで、
「認知」されていくのですね。
 

 

 

「好きなお客様と仕事する」
「共感されて選ばれる」状態を作るには、

 

露出

 ↓

認知

 ↓

共感

 ↓

信頼

というステップで
お客様とつながっていく、でした。

 

 

「認知」の先には
「共感」されていく
ステップがあるのですが、

そもそもなぜ

「共感」

大事なのでしょうか。

 

「共感」は、

言い換えると
「人として共感される」

ということになります。

 

「人は人のファンになるから」です!

 

共感され、
ファンになっていくと、

 

「同じ頼むなら、この人に頼みたい」

「この人から買いたい」

「この人の話は、つい聞いてしまう」

「この人から頼まれると断れないなー。
ついやっちゃう」

「応援したくなる」

 

というように、

「同じ~~するなら」

「どうせ~~するなら」

「つい~~(したくなる)」

と、

感情
動きたくなってしまうのですね!

 

そのためにどうやって
「共感される存在」
なっていくかというと、

メディア、特にFacebook

自分のライフスタイル・
ライフスタンスをベースとした

自分の価値を高める投稿
していくことです。

 

ライフスタイルとは行動
ライフスタンスとは姿勢、です。

 

どんな生活を送って、誰と付き合い、
何を考え、どんな想いで
仕事をしたり日々を過ごしているか。

どんなモノが好きで、
自分自身が何に共感するか?

を伝えていくのですね。

 

 

たとえば私の場合、

「起業の想い」
「本・書店が好き」

だったり、

自分のこれまでの
ストーリーを語った
マイストーリーは

共感されて、
ご感想やコメントをよくいただきます。

 

エンパシープロモーションの
生徒さんとのやり取りや想いを
紹介することもありますし、

軽いところでは

「今日はこんなおやつを食べた」
「逆方向の電車に乗っちゃった」

なんてことを載せてみると、

気軽にコメントしてくれる人も増えます。

 

 

仕事のことばかり、
かたいことばかり書いていても、

人となりがわからないですし、

「今日はこれ食べた」ばかりでも
ただの日記、ひとりごとに
なってしまいます。

#食や健康の仕事をしているなら別ですが、
その場合も魅せ方・伝え方は工夫しましょう。

 

投稿しながら、
理想のお客様が見た時に、
共感しそうかどうか?という視点で
眺めてみてくださいね!

 

そうやって発信をしていると、

あなたに共感した人からは

「気になる人」になり、

「この人は何をやっているのだろう?」
「会ってみたい」

となっていきます。

 

一見地道なようですが、

露出

 ↓

認知

 ↓

共感

と続けていくことが、
ファン作り、仕事にも
つながっていきます。

 

あなた自身を魅せ、
共感されるための

ライフスタイル・
ライフスタンスをベースとした

自分の価値を高める投稿、

やってみてくださいね!