昨日はお誘いいただき、
初めて参加する会に
お邪魔してきました。

 180531.jpeg

 

 

あなたは、

同じ人、
同じ業界の人、
いつもの仲間ばかりに

会っていませんか?

 

 

私は普段、個人起業家さんや
小規模事業の社長さんと
会うことが多く、

その方々と
共通の言語で話したり、

お役に立てるようなことを
伝わる言葉で
伝えるようにしています。

 

昨日の講師の方は、
もう少し規模が大きい会社を
対象にされており、

その方からの情報や視点で
語られていることが、

普段の自分の周りの世界とは
違うものだったので、

新鮮に感じました。

 

それにより
今までと同じ情報を
目にしたとしても

別の視点でも
捉えられると感じましたし、

規模感の違う
自分のお客様にも

置き換えが出来るな、

とも思いました。

 

 

また、参加している
企業、参加者も

普段私が出逢う層とは
違っていました。

 

そのため
びっくりするくらい
言葉が通じないこともあり
驚いたのですが、

そこで通じる言葉って何だろう?

と考えてもみたのです。

 

 

自分に共感してくれる
「好きなお客様」に
伝わる言葉で伝える

というのを
エンパシープロモーションでは
お勧めしていますが、

片側で、自分にない
言葉のボキャブラリーを増やし

伝え方を変えることで

今まで届かなかった方にも
届くようになります。

 

 

同じ人、
同じ業界の人、
いつもの仲間ばかりに

会っている、
時間を過ごしていると

話は通じるし
居心地がよくてラクですが、

別の視点を持ったり
伝わる言葉を工夫する

ということは
中々ないでしょう。

 

アウェイな場、
知り合いが
いないような場にも

出かけるように
してみてくださいね!