シリーズで
自分のビジネスを表す<言葉>
持つことをお勧めしています!

 

今日もヒントを
受け取って
いただけたら嬉しいです^^


さて。

 

どの仕事でも

同業の人はたくさんいて、

交流会では
同じ業界の人、2人・3人と

一緒になることもあります。

 

 

そんな時、

自己紹介を聞いても、名刺を見ても

「違いがよくわからない」

という体験をしたことは
ありませんか?

 

 

あなた自身は
どうでしょうか。

 

 

“私は他の人とは違う”

 

そう思っていても、

業界の人ではない
一般の人には

違いはわかりにくいものです。

 

 


では違いって、

なにで伝わるものでしょうか?

 

 

言葉です。

 

 

人は言葉で

情報を知り、

人と会話します。

 

 

そして
今は動画や写真など

ビジュアルで魅せるのが
主流になっている、

といっても、

 

イメージや
雰囲気だけでは

手頃な価格のモノは
売れるかもしれませんが、

 

高額なモノや
サービスを売る時、

あらかじめわかって
きてもらおうと思う時、

言葉による情報は
欠かせません。

 

 

言葉がないと、


SNS
でいくら目立っても、

いいね!やファンは
増えるかもしれませんが、


仕事にはつながりません。

(私も、過去の生徒さんも体験済み)

起業家が目指すのは
ただファンを増やすことじゃない
ですものね!

 

ビジュアルで魅せて
露出して行くのも大事。

そこに言葉があるから

・誰の
・どんな悩みを
・どう解決するか

伝わって

仕事につながります♪