自分のビジネスを表す
伝わる〈言葉〉を持とう!

お伝えしています。

 

 

実は、

伝わる〈言葉〉

私自身が
一番欲しかったものです!

 

 

私にはずっと

「自分のやってきたことを
 一つにまとめたい」

という想いと

「自分のやっていることを
 表現する言葉が欲しい」

という想いがありました。

 


例えば肩書きは


〇〇コンサルタント

〇〇コーディネーター

〇〇プロデューサー

コミュニケーター

何がしっくりくるのだろう?

 

 

「肩書きプラスα」で
一言で説明するなら

どう表現すればいいのだろう?

 

 

アスクルで

自分でデザインできる名刺を
使っていて、

100枚、200枚ごとに
発注するたび

「やっぱりあぁじゃないか」
「こうじゃないか」と

肩書きや説明書きを
書き換えていたのです^^;

(参考に全部取っておけばよかったです)

 

 

今思うと、

表面上の
言葉の組み合わせではなく、

 

そもそも

・誰の

・どんな悩みを

・どう解決するか


という、

誰の何の役に立つ自分か?

基本が大事だったのですけどね。

 

 

次回はそんな私の

「言葉を変えたら
 結果が変わった」体験から

伝わる言葉って
どんな言葉か?を

紹介しますね!

あなたが、

自分のビジネスを
どう表現したらいいだろう?

試行錯誤を重ねているとしたら

参考になるはずです^^