同業他社と差別化するための

「共感プロモーション状態のつくり方」。

 


「違い」を導き出し、

「言葉」と「ビジュアル」

伝えることだとお伝えしています。

 

3回目の今回は

「ビジュアル」

をお届けしますね!

 

 

「ビジュアル」準備で
最初にやることですが、

SNSでの「共感される
プロモーション状態」を
つくるために

「プロフィール写真」
「カバー画像」

を整えることです。

 

 

プロフィール写真

お花やペットの写真、
会社のロゴマークに
している方がいたら、

自分の顔写真に変えてくださいね。

 

出来ればプロに
撮ってもらうことをお勧めします!

 

写真を撮る時は、

証明写真のように
正面を向いてきっちり、ではなく、

自分の仕事に関係するものを
持ったり背景に入れる、など、

写真からも
仕事や世界観が伝わるように
撮りましょう。

 

 

プロフィール写真は
FacebookなどのSNSでは

アイコンとして
小さいサイズで表示され、
他の人と並ぶので、

そのアイコンのイメージ
覚えてもらえるよう、

色の使い方や
ポーズも工夫することをお勧めします。

 

 

最近の傾向として、

よりポーズしているというか
動きのある写真

アイコンが並んだ時にも
特徴がひと目でわかるものが
増えてきているようです。

 

ひとつ、
気をつけておきたいのが、

プロに撮ってもらうから、
良く魅せたいからといって、

普段の自分と違い過ぎるのは
個人的にはお勧めしません。

 

たとえば

普段ノーメイクで
ナチュラル系な女性が、

写真を撮る時だけ
ばっちりフルメイクしても、

それで
自分自身や世界観を
表現できているかというと、

違うんですよね。

 

逆に男性は、

実物よりオジサンっぽく見える

写真を選んでしまうことがあるので、

そちらも要注意です。

 

 

カバー画像

「綺麗な写真」
「好きな写真」

を何となく使っていませんか。

 

起業家なら
カバー画像は、

パッとみて

仕事のイメージと
世界観が伝わるもの

にすることをお勧めします。

 

前回作るのをお勧めした
「自分のビジネスを表す言葉」も
入れて、

出来ればデザイナーに
作ってもらいましょう。

 

ホームページなら
ヘッダー、

本なら表紙に当たる部分です。

 

そこに情報を入れず
適当にしてしまうのは、

本当にもったいない話です。

 

共感プロモーション状態を作るための
「ビジュアル」の準備

プロフィール写真

カバー画像

ぜひ整えてみてくださいね!

 

「言葉」「ビジュアル」で
プロモーション状態を整える、
ということは

あちこちで言われていますが、

実際にそれをやっている方は

起業家でも
まだまだ多くはありません。

 

繰り返しますが、

ホームページなら
ヘッダー、

本なら表紙に当たる部分

です。

 

「共感されて選ばれる」状態を
作りたければ必須ですし、

ここを整えるだけで
大きく変わるのに、

本当にもったいないです。

とはいえ、

変えてみたいけれど、
自分の場合、具体的に
どうしていいかわからない


本当にそれだけで
何か変わるの?

ということなのではないかと思います。

そんな起業家さんには、

なぜ変わるのか?
具体的にどう変えたらいいか?

メディアの活用の仕方と
合わせてお伝えするので、

自力で動けずにいるくらいなら

相談にいらしてくださいね!

—————————–

理想のお客様から共感されて

”選ばれる”起業家になる!

エンパシープロモーション
120分個別相談

—————————–

◆詳細・お申し込みはこちらから◆

 

個別コンサル1808.jpg

毎月限定枠:個別コンサルティング

 

自分の周波数を整えて
理想のお客様だけ引き寄せる!

共感プロモーション戦略
エンパシープロモーション
〜120分個別相談~
詳細・お申込みはコチラから

「がんばっているのにうまくいかない」
「空回りしている」起業家さんへ。

「スキル」だけでなく
「マインド」を整えることで、
本当にやりたいことで、
理想のお客様だけ引き寄せられる

あなただけの具体策を
120分でお渡しする個別相談です。

 

無料メール講座で学ぼう!

 

あなたが好きなお客様から
「共感で選ばれる」アタリマエを実現するための、

成果につながるヒントが手に入るメルマガです。

現在、メルマガ登録いただいた方全員に、

『値引き・あいみつとはサヨウナラ!
理想のお客様から「共感」で選ばれる仕事を実現する
ビジネス深掘りワーク2017』

をプレゼント中です!