最近、意識領域
取り組みを再開してまして、

自分が苦手としていた
「ある領域」への
向き合い方、

自分の中での感覚が
ガラっと変わりました!

あれだけ抵抗が強かったのに
あまりにも淡々と出来ていて、

ちょっと前の自分とは
別人のようで、
ほんと、面白いです!

現実がどう変わったか?は
検証後にお伝えしますね^^

 

意識領域の取り組みとは
何か?というと、

生きてきた環境や
人との関わりで

これまで身につけてきた
考え方の癖、
思い込みがあり、

それが

「上手くいくのを阻んでいる」ので、

気づいて解消していく
というものです。

 

人は見たくないことは

自分の意識の中に入れず
遠ざけてしまうのですが、

それを直視出来て、

不要な思い込みは
手放していったほうが、

進むのが早いんです!

 

そして
スピードもありますが、

より本質的で
違和感のない、

一致感ある自分に
近づいていくことが出来るんです。

 

なので、私が関わる
起業家さんたちにも

「上手くいく方法を知り、
実行する」

「上手くいくのを阻む要因を知り、
取り除く」

その両面を
お伝えしています。

 

阻んでいる要因を
感覚的につかめたり、
腑に落とせた方は、

その部分に
迷いがなくなるので


本当に進むのが早い!

この内容、
「アクセルとブレーキを
両方一度に踏まないように」というのは

このメルマガでも
何度かお伝えしていて、

このように
図解したこともありました。
(覚えてます?)

 

*****************

同じことをやっても

——————————-

  ・→ → → 進む方向
 現在地 

——————————-

と進んでいるようでありながら、

マイナス方向に
引っ張る力も働き

——————————-

       ・→ → → 進む方向
      現在地 

← ← ← ・
(引っ張る力)

——————————-

結局は

相殺されて

——————————-

← ← ← ・→ → →
      ±0

——————————-

 

ほとんど進まないことに
なってしまうのです。

 

アクセルとブレーキを
両方いっぺんに
踏んでいる

とも言えます。

 

だから

「上手くいく方法を知り、
実行する」

「上手くいくのを阻む要素を知り、
取り除く」

両方を行うことで、

引っ張る要素が減り

← ←・

進む要素が増えていく、

  ・→ → → → → →

 

つまり

進みたい方向に
加速する

のですね。

 

*****************

 

あなたが

「がんばっているのに、
 結果につながらない」

「どうしても苦手なことがある」

「長年変えられない癖がある」

「自己否定しがちだ」

「上手くいかない要因を取り除いて
 効率よく結果を出したい」

としたら、

 

この
「マイナス方向へのエネルギー」
を減らしつつ、

進みたい方向に
エネルギーを
集中させていくのがお勧めです!

 

かかわる期間の長い
プログラム生には
都度、必要なことを伝えていますが、


個別相談にいらした方にも

すばり!

今のあなたが
上手くいくのを
阻んでいる要因

お伝えできるので、


プロモーションを
さらに
加速していくためにも!

受け取りに来てくださいね!

「上手くいく方法

「上手くいくのを阻んでいる要因」

両方が手に入る

共感プロモーション戦略
個別相談
お待ちしています♪

---------------

~SNS時代のお客様との出逢い方~

理想のお客様には
「つながってから会う」
つながるSNS戦略 

120分個別相談

---------------

◆詳細・お申し込みはこちらから◆

 

個別コンサル1808.jpg

無料メール講座で学ぼう!


あなたが好きなお客様から
「共感で選ばれる」アタリマエを実現するための、

成果につながるヒントが手に入るメルマガです。

現在、メルマガ登録いただいた方全員に、

『値引き・あいみつとはサヨウナラ!
理想のお客様から「共感」で選ばれる仕事を実現する
ビジネス深掘りワーク2017』

をプレゼント中です!



毎月限定枠:個別コンサルティング

 

比較されても”勝てる”! 価格以外で勝負する!
『共感されるホームページ診断

~エンパシープロモーション120分個別相談~


詳細・お申込みはコチラから

値引き・あいみつの多い
価格勝負の仕事が増えていたり、

忙しい割りに儲からない、

そんな望まない状況から脱却!

あなたのホームページを

比較されても”勝てる”!
価格以外で勝負する!を実現する
「共感型ホームページ」にしませんか?