今日から10月のご相談を
受付予定でしたが、

その前に、今回は

テーマのご紹介と
意図・私の想い

伝えさせてください!

 
 
 
  

今月からの
ご相談テーマは、

「共感されるホームページ診断」

です。

 

このテーマにしようと思った
きっかけは、

ご相談にいらっしゃる
社長の会社のホームページ、

友人経営者の会社のホームページを

拝見していると

「共感される」状態に
なっておらず、

「この会社を選ぶ理由がない」
「この人に頼みたいと思うかな?」

と思うことが多く、

「もったいない!」

思ったことからです。

 

 

Facebookの活用も大事だけど、

そこからつなげて
問い合わせや申込に
直結するのがホームページです。

そして検索されたり

リアルでお会いした方に
見られる機会も多い、

大切な「伝える場」であるはずの
ホームページ。

 

「共感されて選ばれる」ためには、

ホームページを
整えておくことは重要だと

改めて思ったのですね!

#ホームページはなく、ブログに情報を
掲載しているという起業家
さんは、
ブログに置き換えて読んでみてくださいね

 

 

私はもともと2006年頃~
ホームページの
プロデュースを行っていて、

その際

「検索されて選ばれるホームページ」

作りを得意としていました。

 

当時は

・デザイナーが作ると、
イメージだけで、検索もされないし、
申込みにもつながりにくい

・検索エンジンに強い業者が作ると
デザイン性がなく、世界観が伝わらない

といった、
バランスの悪いホームページが多く、

 

私はそれを
「もったいない!」と思って

検索で見つけられる、
世界観が伝わる、
申込みにつながる

ホームページ作りを行っていました。

 

その結果、お客様には

「ホームページから
安定して集客出来るようになった」

「いつもファンで満員御礼」

という状態を作っていただけたのです。

 

 

今回、
「共感されるホームページ診断」
スタートするにあたり、

私がプロデュース時代に実践して
上手くいっていたことと、

「共感要素」
「SNSが普及した今の時代的要素」

から

エンパシープロモーションで考える、

「共感型ホームページとはどういうものか?」

7つのポイントにまとめてみました!

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

 

『比較されても選ばれる
 共感型ホームページ 7つの法則』

1)想い

社長・経営者の想いが伝わっていますか?

 

2)違い

他社との違いがわかりやすく届いていますか?

 

3)強み

圧倒的な強みを明確に魅せられていますか?

 

4)人気感(ひとけかん)

人の存在感がリアルに感じられますか?

 

5)世界観

大切にしている世界観は伝わっていますか?

 

6)専門性

専門家として任せても安心!と思える
コンテンツはそろっていますか?

 

7)動線

お客様がわかりやすく申込みに
辿り着ける出口はありますか?

 

この7つです^^

 

次回から1つ1つポイントを
見ていきますが、

まずはご自身のホームページが
「共感型」になっているかどうか?

チェックしてみてくださいね!

 

ご相談も明日、受付開始しますね!