起業家・経営者の

お客様に対しての仕事には

サービスの価値提供そのものは別として

「作ること」
「拡げること」

があります。

 

「作ること」
「拡げること」

どちらも大切です。

 

「作る」だけ作っても
「拡げる」活動をしていなかったら、

お客様に知ってもらうこと、
届けることが出来ませんし、

「拡げる」だけ拡げても、
売りたいものを作っていなかったら、

買ってもらうことも出来ません

 

特に、最初は「拡げる」ことを

思い切り、徹底的に!

やるのをお勧めします。

 

具体的には
露出を増やす、ということです。

 

 

「いいものさえ作れば売れるはず」

と思っていても、

人の目に留まって
知られなければ売れないのです。

 

また、あまりがんばっていなくても
するするとうまくいっている
(ように見える)人がいると、

ラクな方法を探したくなったり、

ちょっとやってみて

「今はこれじゃない」
「自分には向かない」

と思ってしまうこともあるかもしれません。

 

今はラクをしているような人も、
一時期は徹底してやっていたはず。

あるいは見えないところで、
今でもめちゃくちゃ
やっていたりします。

 

「〇〇じゃない」というのは、
いったんは全力でやって
その上で判断するのはいいと思いますが、

やらずに、あるいは
中途半端にしかやっていなくて

それについての良し悪しは
言えないんじゃないかな~と
私は思っています。

 

今の自分の
「これくらい」という
アタリマエを越えて

広がる世界があります。

 

ある一時期は
素直にがむしゃらに徹底的にやってみる!

 

それが出来る人が
早く欲しい結果手に出来ているようです^^

そして早くラクになっています^^

 

最近、セッションの際に
よくお伝えしていることから、

参考になればと思って

今日はご紹介させていただきました。

 

あと2か月、後悔しないように
やり切りましょうね!